2.20(土)公演 劇団うりんこ はなのき村

日 時
2021年2月20日(土)
①14:00開演 ②18:00開演 (各30分前開場)
会 場
山口市民会館 小ホール
料 金
全席自由・4才以上有料
一般3500円(当日4000円)/25才以下2500円(当日3000円)
any会員3000円(1会員4枚まで。当日は割引対象外)
こどもステーション山口会員 会員券配布
プレイガイド
こどもステーション山口事務局/山口情報芸術センター/山口市民会館/C・S赤れんが/山口井筒屋
【山口市文化振興財団チケットインフォメーション(山口情報芸術センター内)】
https://www.ycfcp.or.jp/ tel 083-920-6111 ※火曜および12/29~1/3休館
チケットぴあ Pコード504-308 ※WEB販売のみ
申込み
12月25日(金)10:00発売開始
託 児
ひとり700円、二人目より500円 申し込み2月10日(水)まで

 

人にしんようされるというのは、

なんといううれしいことでありましょう。

新美南吉作「花のき村と盗人たち」より
↑画像をタップするとチラシ両面がご覧になれます。

 

【ものがたり】

昔あるとき、あるところにはなのき村がありました。

はなのき村はのどかで美しい村です。

はなのき村の人々はみな、心の良い人々でした。

またあるところに盗人がいました。盗人は弟子の少年を連れていました。

少年はカクベイという名前です。

二人は町や村で盗みをしながら旅をしていました。

ある日、二人ははなのき村にやってきました。

この村で盗みをしようと思っておりました。ところが…。

はなのき村を立ち去るとき、二人は盗人ではなくなっていました。

はなのき村で、いったい何があったのでしょう?

 

この劇は、新美南吉の「花のき村と盗人たち」を元にしたお話です。

演劇化にあたり、原作を脚色。

観劇の機会に、ぜひ原作も読んでみては?

 

脚本:北村直樹

演出:和田紀彦

出演:はまだきよ

宮川団

岩越由花

 

※「劇団うりんこ」の新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインはこちら

 

ページトップへ